お悩み・FAQ

ONAYAMI & FAQ

DTM・DAWや音楽制作に関するいろいろなお悩みにお答えします

DTM・DAWで音楽制作をしていると、機材、ソフト、作曲、アレンジ、打ち込み、録音、ミックスなど、様々なお悩みが出てくると思います。そのようなお悩みを内容別に分け、一つ一つ丁寧にお答えしていきます。各項目をクリックすると詳細にジャンプします。

機材・ソフトに関して

マイクプリアンプとは何ですか?

「マイクプリアンプ」は、マイクに繋いで音を増幅するための機材です。マイクの音量は極めて小さく、その音をそのままオーディオインターフェイスの入力に入れただけでは使い物になりません。そこでマイクプリアンプの登場です。マイクプリアンプはマイクの音を通常の録音レベルまで大きくし、その音がDAWに録音されます。

よくある質問で「オーディオインターフェイスにマイク入力がついているが、それでもマイクプリアンプは必要なのか?」というものがあります。その答えは「はい」でも「いいえ」でもあります。まず、マイク(コンデンサマイク、ダイナミックマイク、リボンマイクに関わらず)の音を大きくするためには、前述のように必ずマイクプリアンプは必要です。ただ、最近のオーディオインターフェイスの入力には、マイクプリアンプが内蔵されているものが多く、その場合別途マイクプリアンプを購入する必要はありません。マイクプリ内蔵の場合は大抵、XLR端子で、かつゲインつまみがついています(参考画像はこちら)。たまにXLR端子だけでマイクプリアンプが内蔵されていないものもあるので注意が必要ですが、最近のエントリーモデルのオーディオインターフェイスにはほとんどの場合マイクプリアンプが内蔵されています。

しかし、巷では何十万もするマイクプリアンプが販売されており、しかもそれらはオーディオインターフェイス機能を持っていません。マイクプリアンプ専用機です。当スタジオでも「GTQ2」「the liquid channnel」というマイクプリアンプを使用しています(写真はこちら)。これら高級マイクプリアンプは何のために存在してるかというと、簡単にいうと「音質の差」です。マイク本体も値段によってクオリティの差が出ますが、マイクプリアンプもマイク同様かなり重要です。良いマイクプリアンプを使うと、高域から低域までふくよかで豊かな倍音を含み、質感が高級になります。またマイクプリアンプによってキャラクターが大きく異なり、プロのエンジニアは録りたい音によってマイクプリアンプを使い分けています。オーディオインターフェイスに付属しているマイクプリアンプは、あくまで「おまけ」で(そうでないマイクプリアンプもありますが)、単体マイクプリアンプを使用しないとある程度のクオリティで録音がしにくくなります。

単体のマイクプリアンプは、確かにコストがかかりますが、1台持っておくと、マイクだけでなく、シンセやギターなども録音でき、「DAWに入れる前」の音を作り込めます。現在DAWで動く様々なプラグインが出ておりますが、クオリティをあげたければ、やはりマイクプリアンプでの作り込みが重要かと思われます。 お悩みトップへ

無料体験レッスン実施中!

パソコンとソフトがあれば、誰でも気軽にDTM環境を構築して、音楽制作を楽しめるようになってきました。一度気軽に無料体験レッスンを受けてみませんか?実際に入会される前にDTMソフトの概要やDTM環境に必要な機材のご相談をしたり、教室や講師の雰囲気を知ることができます。

体験DTM・DAWレッスン 無料 / 45分

※通常のDTMレッスン同等の内容を、実際に体験していただけます。

※DTM・音楽制作についてのご質問は、どのようなことでも丁寧にお答えいたします。

※無料体験DTMレッスンは、お一人様につき1回までとさせていただきます。

無料体験レッスン実施中!

パソコンとソフトがあれば、誰でも気軽にDTM環境を構築して、音楽制作を楽しめるようになってきました。一度気軽に無料体験レッスンを受けてみませんか?実際に入会される前にDTMソフトの概要やDTM環境に必要な機材のご相談をしたり、教室や講師の雰囲気を知ることができます。

体験DTM・DAWレッスン 無料 / 45分

※通常のDTMレッスン同等の内容を、実際に体験していただけます。

※DTM・音楽制作についてのご質問は、どのようなことでも丁寧にお答えいたします。

※無料体験DTMレッスンは、お一人様につき1回までとさせていただきます。

所在地

〒636-0013 奈良県北葛城郡王寺町本町元町1-1-10

JR王寺駅もしくは近鉄王寺駅より徒歩10分、送迎も可能です。駐車場あり。

交通アクセスについて詳しく