音程(インターバル)1

2019年06月26日

今回は、前回の「メジャースケール」を使って「音程」を説明します。

音程(インターバル)1 | 百年ブログ
今回は、前回の「メジャースケール」を使って「音程」を説明します。 メジャースケールを覚えましょう 12のメジャースケールがありましたが、全て覚えてからこの記事を読みましょう。指使いもきっちりと覚え、あまり考えなくても弾けるくらいにしておかな...

https://www.100nen.net

メジャースケールを覚えましょう

12のメジャースケールがありましたが、全て覚えてからこの記事を読みましょう。指使いもきっちりと覚え、あまり考えなくても弾けるくらいにしておかないと、先に進んでも十分な理解は得られません!12個だけですので、しっかり覚えてください。

音程とは

音程とは、「ある音とある音がどれだけ離れているか」を示すもので、音楽理論の全ての基礎になります。「度」という言葉を使って、2音間の距離を表します。英語では「インターバル」と言います。

メジャースケール上に現れる音程

それでは、前回覚えたメジャースケールを使って音程を覚えていきましょう。 例えば、「Cメジャースケール」は「ドレミファソラシド」ですが、音程は、1番目の「ド」から数えて何番目にあたるかで表現することができます。「ド」自身を「1度」と数え(忘れがちなので注意!)、順番に音程をつけていきます。「ド」から見て、Cメジャースケールの各音に対する音程(Cメジャースケール上に現れる音程)は以下のようになります。

EX3-1 Cメジャースケール上に現れる音程

簡単ですね。Cメジャースケールを弾きながら、頭の中で「1 2 3 4…」と数えていけば、「ド」に対して各音が何度の関係になっているかはすぐにわかります。ちなみに「8度」は「1度」と同じ音ですがオクターブ違いです。動画を載せておきますので、参考にしてみてください。

EX3-2

実はメジャースケールに現れる音程は、12個どのメジャースケールも同じです。 すなわち、メジャースケールを弾くだけで、音程がすぐに分かるわけですね。仮にEメジャーなら、音程は以下のようになるわけです。

EX3-3 Eメジャースケール上に現れる音程

これで、メジャースケール上にある音程なら、メジャースケールを弾くとすぐに分かるようになったと思います。慣れてくるとパッと見ただけで2音が何度離れているかが分かるようになります。 例えば、以下の2音は何度離れているかを考えてみましょう。

EX3-4

まず、下側の音(この場合はド)から始まるメジャースケールを弾いてみます(ここではCメジャースケールを弾くということですね)。順番に数えていって、上側の音(ラ)が何度になるかを考えると、6番目にあたることが分かるので、ドとラは「6度」離れていることがわかります。 では、以下の2例も考えてみましょう。シャープやフラットに気をつけて読んでみてくださいね。答えは次回に発表します。

EX3-5
EX3-6

さて、もうお気付きの方もいるかもしれませんが、実はメジャースケール上にない音程というのも存在します。そんな場合はどうすればいいかは、次回解説します。 それでは今回もしっかり覚えて、次回に臨んで下さい!

※奈良県にある「スタヂオ百年」では作曲・編曲のご依頼DTM・DAWのレッスンをうけたまわっております。お気軽にご連絡ください。